Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.
23:55
こうしていま、われわれは、床をつき抜けて落っこちないわけを理解できるようになった。われわれが歩くと、われわれの靴は、それをつくっている原子の質量をもって床を押しつけ、また靴は床から押し返される。靴の原子を押しつぶそうとすると、電子はもっと狭い空間内に押しこめられる。それに伴って、不確定性原理によって、その平均運動量は大きくなり、そのエネルギーは高くなる。原子の圧縮に対する抵抗力は、量子力学的効果によるものであって、古典的な効果ではない。古典的には、電子や陽子をみな接近させればさせるほど、そのエネルギーは減少すると考えられる。正負の電荷の最良の配置は、それらが全部たがいに重なり合っているときだからである。このことは、古典物理学では周知の事実である。そのために原子の存在は、古典物理学における一つのであった。もちろん、むかしの科学者も、その困難から抜け出る方法を考えてはいたのである──しかし、そんなことは気にしない、気にしない。われわれはすでに正しいやり方を知っているのだから。
面白くて眠れなくなる素粒子 / 竹内 薫 (via qsfrombooks)

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl